« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

発売!

発売!
今月は、、、

う~ん、羽根物のコアなファンならば覚えてるかな?…って感じの羽根物登場。(笑)

今は亡き、奥村遊機の機種です。

奥村遊機と言えば、ウチの博物館で、全盛期の奥村台を見てると、寂しい気分になります。

かつては、個性的なゲージや役物で存在感あったなーって。

言いにくいですが、晩年の「笑ゥせぇるすまん」と「うる星やつら」を交互に出してるような奥村遊機は、好きじゃなかったなぁ。

版権に毒されている感じで、スクランブル、モナキング辺りから、ドリーム、キューピット、パンドラD…辺りまでの機種のように、練りに練られたゲージを初めて見た時みたいな感動とはほど遠かった。


あまり語られないけど、パラダイスⅠとか、ローリング7-5とか、モナキストなんかも好きでよく打ったものでした。電役なら、マジカルランプも、一見のお店なんかでチョイ打ちする時は、便利な機種だった…。

はぁ、こうして書いてると、そういう機種がな~んにもない今のホールに、昔並に通えるわけがないじゃん?…って思ってしまいます。


この手の話が、ホールの人との会話で噛み合わないことが多いんですから、「何で最近客が減ったんだろう?」とかって言われると、「わかってなさ過ぎ!」って感じてしまいますよ。

液晶頼りでゲーム性マンネリ、金を使うペースは大幅アップじゃ、そりゃやる人減りますよ…当たり前じゃないっすか?

ファン人口多かった時期は、そうじゃなかったんだもの…。

| | コメント (2)

2018年11月29日 (木)

是非…

是非…
北戸田でパチンコ博物館をやらせて頂いて、早いものでもうすぐ2年になります。

日々バタバタしていて、すっかりご紹介が遅れていましたが、画像の本は、「北浦和のパチンコ店が1000億円企業になった ガーデングループの小さな奇跡」(野地秩嘉著 プレジデント社刊)という本です。

冒頭、私の取材記事もありますが、何より、ガーデングループさんの成長の軌跡は、いろいろ興味深いものがあり、機会がありましたら、是非ご一読頂きたいと思います。

ネット通販などでも買えますので、容易に入手可能だと思いますので…。

北浦和の1店舗から、グループ売上高1000億円超えの企業になる過程は、私の記憶とも重なる業界の進化の構図そのものですが、すぐ辞める従業員、オーナーに対しても態度のデカい生意気な釘師(笑)などに翻弄される現社長の若かりし頃の奮闘の様子など、私も長年同じようなことを見聞きしてきましたから、共感できることも多いですね。

パチンコ関連書籍数々あれど、なかなか良い本だと思います。

まったくもって為にならない、某量販店名漫画の著者によるオ〇ルト攻略本!?なんか読んで、無駄金を出版社に貢いでるような人には、こういうパチンコ店の本当の話をちゃんと知ってもらいたいですね。

オ〇イチとか、ないからね!そんなの誰にでも起こり得る、ただの「運」。

〇の倍数とか、鉄板でガセネタだから…。(苦笑)

いや、私が言ってるわけじゃなく、ネットとかTwitterとかで散々非難されてるの見て失笑してるだけですよ。

ダ〇村って検索ワード普通に出てきますよね。(笑)

でも、情弱な老人とかは引っかかっちゃうんだよな…こんなヨタ話に。

| | コメント (2)

2018年11月28日 (水)

おそらく業界内にいると感じないでしょうが…

おそらく業界内にいると感じないでしょうが…
仕事柄、いろいろな会社(ほぼ、中小企業)に行くんですが、最近思うのは、こうした会社の人が、この5年ぐらいで急速にパチンコの話題をしなくなってること!!

業界内にいると感じないでしょうが、いざ業界外の人と話をすると、その深刻さを実感します。

今いるファンにアンケートなんかをとったり、イベントをしてもわからない、かつてのファンの離脱原因。

これをもっと追究しないと、ファン人口が向上する気がしないというのが、しがない中小企業営業マンの率直な意見です。

かつては、私が行けばパチンコの話に食らいついて来た人が、今ではカラオケ採点の点数伸ばす歌い方やら、おすすめの居酒屋情報の方が熱心に質問してくるぐらいで、危機感が募ります。

あ、ちなみによく業界内の言い訳として、ファン離れの原因を景気低迷による遊技資金の不足やら、レジャーの多様化やら…って無理矢理?に位置付けてますが、自分の周りの中小企業のオジサンは、いずれも当てはまらない。(キッパリ!)

資金も暇も割と潤沢にあるけど、何より「勝てない」、テレビゲーム化した流れ(〇〇モードとか)がわからなくて理解するのが面倒くさく、かと言ってパチスロも目押しできないし…で面白くないのでヤメたって人が一番多いかな?当たり前な意見ですけど、そこ一番重要なトコですもんね。

大半の人が、面白きゃまたやりたいって言ってます。

ちなみに、液晶ばかりのセブン機には、やはり思っている以上に否定的だったり、ゲーム性のマンネリを指摘する人も多く、それがやはり直接的な離脱原因であることが多いと感じますねぇ。


ウソだと思ったら、むしろ現役のユーザーを除外したアンケート調査なんかをしてみてはどうでしょう?


業界誌なんかで見かけるユーザー対象のアンケート調査とは、かなり違う結果が出るんじゃないかと思いますね。

そういう意見にも真摯に耳を傾けないと、ファン人口の裾野は狭まるばかりかと思います。

だいたい、中小企業のオジサンたちが離脱したんじゃ、中小企業の若手がパチンコに参入してくる機会もない…。←ここ重要なトコ

スマホのゲームばかりやってる若手を、無理矢理にでもパチンコ店に連れてってくれるオジサン層の休眠ぶりの打破の必要性を説くコンサルタントとかセミナー主宰者とかっていますか???

…いないんじゃないですか?(少なくとも、自分は聞いたことなし)

耳障りのいい話と、効率よく「抜く」ことばっかり指南されて…(にがわらい)

規制が始まれば「このままじゃ潰れます。生き残りたければ私の話を聞きなさい」って恫喝?されて金払う…(この思考パターンが約35年、パチンコ業界では、まったく進歩してねーな…と感じてます。やや呆れてる…)


そういう人に毒された考え方では見えない視点…中小企業に営業で出入りしてたらヒシヒシ感じますよ。

今、巷の人がパチンコをどう捉えいるか?…また離脱者の奪還をどうするのが良いか?…の対策をまだまだパチンコ業界全体がおろそかにしてるかな?…て感じたオヤジの小言でした。

| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

CRコマコマ倶楽部@エイジセレクトY

CRコマコマ倶楽部@エイジセレクトY
設置開始ですね!

久しぶりのコマコマ新作は、遊びやすさの中に出玉の瞬発力もありますね。

注目です。

| | コメント (4)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »