« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

連載278回

連載278回
最近では、ネタ切れよりも、筆者の余命が不安視されている当連載。

278回目は、三洋のマニアックな羽根物を取り上げてます。

本日発売!

よろしくお願い致します。

| | コメント (0)

梅雨明け

梅雨明け
気温35℃超えてますが、寒いよりははるかに楽。

昼飯はアツアツのうどん…。

冷やし中華とは無縁の人生です。

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

予想外…

カツ丼打ちに来たのですが、まさかの故障中…(x_x;)

…そんな…

| | コメント (2)

2018年6月18日 (月)

常に気合いを…

常に気合いを…
ウリンチャージ。

さすがにミドルともなると、ここで当たりを引く期待は小さいと思いがちですが…

まさかの大当たり。

気を抜かず、1回転でも多く回すことの大切さを感じました。

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

幸手チャレンジャーさん

幸手チャレンジャーさん
いや、そんな自虐しなくても…(笑)

お客さん結構いるじゃないですか!

通りすがりに、パチンコグッズ寄贈しておきましたので、要る人はカウンター横のワゴンにあるので持って帰ってください。

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

久々、1回転で…

久々、1回転で…
久々、1回転で…
ちょっと休憩に寄ったホール、ちょいの間のパチンコだけに、ナナシーをチョイス。

座って、1回転…リーチがかかった

…と、次の瞬間、まさかのコイン群が落下…

マジか?

ノーマル進行するので半信半疑でしたが、無事大当たり。

久々の先頭打者ホームラン。\(^o^)/

さらに、終了後6回転で、ノーマルリーチから見事大当たり。

一撃で1000個超え。

ありがたく食い逃げしてきました。

+3500円

まあ、ナナシーですからね、欲張らず勝ったトコでヤメです。

もうちょっと遊んでみたかった気もしますが、こういう時は、まず確実に勝ちたいので。

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

ライジンマン

ライジンマン
結論、液晶なんかもう要らない。(笑)

パチンコは、コレでいいじゃんねェ?

ただし、このクルーンは難関だ。

なかなかセーフ穴をクリアできない。

…でもまた打ちたくはなる。


欲を言えば、デジタルも無しがよかったです。

次作は完全アナログでお願いしたい…。

それと、ウチの近隣のホールがどこも導入しない(あったと思ったら、まさかの低玉専門店なのでパス)のは不満!

中途半端な液晶機なんてどうせ3日と持たない中、まだ液晶機に未練があり過ぎ。

少しは打ちたくなる機種も入れてくれないと…。

| | コメント (0)

発売中

発売中
平成版の連載も、じわりじわりと100回に近づいてます。

100回は達成したいですが、自分の余命が心配。(汗)

まあ、よろしかったらご覧ください。

表紙はウルトラセブン。

憧れのウルトラセブンが表紙の本に自分がまさか原稿書くなんて、子供時代の自分に教えたら狂喜しそうな 話です。

約50年見続けてるウルトラセブン、ほとんど全話見る前からセリフまで覚えちゃってるな…

久しぶりにハイドランジャーの出撃シーンが見たくなりました。←マニアック

| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

夜勤明け…コアな夢を見た…

夜勤明け…コアな夢を見た…
睡眠不足からの夜勤明け。

帰宅して缶ビール飲んだら早速フラつくぐらい眠くなり、そのままダウン。

で、その眠りが覚める頃、割と長時間(…だと思う)、パチンコの夢を見てました。

機種は、昭和50年代末に活躍した普通機の「パワーキングホース」(西陣)。

スランプが絶妙で、短い大学生時代(←卒業してないため)によく打った機種です。

夢の設定は、昭和50年代末、新装開店…と言っても電役メインの開店に行き、新台の電役機ではなく、既存のパワーキングホースを狙う…というもの。

打ち出しから、役物(特に右肩)にボコボコ入り、あれよあれよという間に小箱(500個入り)に玉が貯まっていく…

ここまでは、普通の夢。

そこからがなぜ自分が無意識にパワーキングホースを夢に選んでしまったのか…です。

今まで面白いように入っていた台が、ウソのように入らなくなる…

これぞスランプ。

この苦しみを幾度かは乗り越えなくては3000個の打止には届かない。

必死の天狙い。

いや、我ながら天釘にリアルなハンマー傷がついてる台を夢に見ることができるのは、自分ぐらいじゃないのかと。(笑)

スランプ回避に手を洗ったり、ジュース飲んで休憩したり…夢とは思えないほどリアルなシチュエーションが広がり、楽しい夢でした。

当時の店長(←ここの店長は、ツルピカのハゲ頭に怒り顔で超無愛想だった)にも久しぶりに夢で再会を果たしました。

特殊景品の香水、ケンシの「夢」(←夢だけに?)の5個入りパック(200円×5個で1000円)を7個もらい、それをハゲが運搬用の段ボール箱に入れて放り投げるようによこしたところで目が覚めました。

こういう展開(スランプ越え)のパチンコの良さをわかってくれる人がほとんどいなくなったこと、パチンコと見れば…


どこに入れば「大当たり」ですか?


…と聞く人が大半になってしまったことは非常に寂しいし、何よりお客様はともかく、業界人がこの事実をロクに知らないのは嘆かわしいですね。

大当たりなんかなくても、パチンコの妙味というものがあるのに…考え方がセブン機に毒されてますよね…。

そんなことだから、ジャグラー打ってしまうのよ。

パチンコの魅力は一撃の出玉だけではないはず。

ただし、こういう機種(普通機)は、高価交換や無制限営業下では、まずもって活きることはないでしょうけど。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »